5月20日の今買う大化け候補銘柄

2019/05/18

<8897> タカラレーベン
前日に19年3月期の決算を発表、営業利益は100億円で前期比20.3%減益となり、従来予想の107億円をやや下回る着地となった。一方、20年3月期は130億円で同29.4%増と大幅増益の見通し。期待通りの収益回復見通しを評価する動きが先行している。新築分譲マンションでは1950戸、戸建て分譲事業では200戸の引き渡しを想定、受託管理目標戸数は58800戸と設定している。

地域新聞社 <2164>
19年8月期第2四半期累計(18年9月-19年2月)の連結経常損益は3400万円の黒字(前年同期は200万円の赤字)に浮上し、従来予想の1900万円の黒字を上回って着地。通期計画の4200万円に対する進捗率は81.0%となった。会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した3-8月期(下期)の連結経常利益は前年同期比65.2%減の800万円に大きく落ち込む計算になる。直近3ヵ月の実績である12-2月期(2Q)の連結経常損益は1600万円の赤字(前年同期は600万円の赤字)に赤字幅が拡大し、売上営業損益率は前年同期の-0.6%→-1.8%に悪化した。

キャリアインデックス<6538>
ネット上で求人情報を取り扱うが、複数の求人ポータルサイトを一つにまとめて提供しているのが特長で、応募数に連動した成果報酬型課金で利益成長を続けている。16日にAIエージェントサービス(人工知能を活用した転職サービス)を手掛けるCarat(東京都渋谷区)がキャリアインデと資本提携したことを発表、これによる業容拡大効果に期待した買いが集中する格好となった。

グッドスピード <7676>
19年9月期第2四半期累計(18年10月-19年3月)の経常利益(非連結)は1.5億円(前年同期は非開示)となり、通期計画の2.2億円に対する進捗率は70.0%となった。