7月18日の今買う大化け株

7月18日の今買う大化け株

ISID <4812> 19年12月期上期(1-6月)の連結経常利益を従来予想の39.3億円→51.5億円に31.1%上方修正。増益率が1.8%増→33.5%増に拡大し、従来の2期連続での上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。企業や公共機関のIT投資需要の高まりを背景に、システム開発の受注が伸びたことが寄与。販管費が想定を下回ったことも利益を押し上げた。 <7035> anfac 小学館とマンガアプリなどに係る業務提携契約を締結すると発表している。また、スクウェア・エニックスと資本業務提携契約を締結し、出版領域のパートナーシップの強化などを図る。同社はand factory株18万9892株を譲り受ける。AI技術開発のAIQ(東京都千代田区)とも業務提携するほか、31日を基準日に1対2の株式分割、食品などと交換できるポイントを付与する株主優待制度の新設なども発表している。 <7599> IDOM 先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は15.1億円で前年同期比4倍と急拡大、もともと上半期の収益は急回復を想定していたが、進捗率は82%の水準に達した。国内直営店の小売台数増加、施策転換の影響で前期に低下した店舗あたり小売台数や台あたり粗利の着実な回復が大幅増益につながった格好。想定以上の業績拡大受けて、通期業績の上振れ期待なども高まる形に。 <3915> テラスカイ 先週末に発表した第1四半期決算がポジティブなサプライズにつながっている。営業利益は1.6億円で前年同期0.3億円の赤字から黒字に転換、通期予想の2.5億円、前期比96.1%増益に対する進捗率は65%に達している。クラウドサービスの導入が好調でソリューション事業が大幅増収増益となったほか、大型案件の受注獲得や契約者数の伸長などで製品事業の収益も急拡大している。

7月10日の今買う大化け株

7月10日の今買う大化け株

吉野家HD <9861>20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常損益は12.5億円の黒字(前年同期は0.4億円の赤字)に浮上して着地。牛丼の新サイズ「超特盛」の好評などで、吉野家の既存店売上高が前年実績を6.1%も上回ったことが寄与。積極出店を進めた海外事業も大幅増益に貢献した。上期計画の5.5億円をすでに2.3倍も上回っており、業績上振れが期待される。 CSランバー <7808>19年5月期(6ヵ月の変則決算)の連結経常利益を従来予想の2.7億円→3.6億円に34.1%上方修正。消費税増税前の駆け込み需要を主因として、利益率の高い受注が想定以上に伸びたことが上振れの要因となった。 <4764> さむらいJP 日本国内の大手アミューズメント企業と資金調達支援を目的としたアドバイザリー契約を締結すると発表している。同企業の社名は非公表。グループの発想力及び企画力が評価されたという。約1.50億円を売上計上する見込みで、19年12月期第2四半期または第3四半期の業績は確定次第速やかに公表する。契約期間は5日から24年6月30日までの5年間。追加報酬が発生した場合も速やかに公表するとしている。 鳥居薬品 <4551> 日本たばこ産業 <2914> と実施中の高リン血症治療薬「リオナ」の鉄欠乏性貧血患者を対象とした国内第3相臨床試験(比較試験)の速報結果を発表。有効性の主要評価項目でリオナ群の対照薬群に対する非劣性が確認された。また、安全性についてはリオナ群の良好な忍容性が確認された。 精工技研 <6834>5G基地局アンテナが発信する電波の強度と位相を高精度で計測する光電界センサーを三重大学、産業技術総合研究所と共同で開発。5Gに使用する周波数帯の中でも28GHz帯を測定することができる光電界センサーは世界初。

7月8日の今買う大化け株

7月8日の今買う大化け株

ウエルシア <3141>  20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比30.6%増の88.2億円に拡大して着地。ドラッグストアの出店拡大や化粧品専門店MASAYAの買収効果、調剤併設店舗の増加などで、10.7%の大幅増収を達成したことが寄与。 ソネット・メディア・ネットワークス<6185> ジェイアール東日本企画(東京都渋谷区)と連携し、デジタルチケットプラットフォーム「wallabee」の提供を開始すると発表。これが材料視されているようだ。 リソー教育 <4714>  駿台予備学校を展開する駿河台学園と資本業務提携。超難関校受験対策に特化した個別指導塾を運営する合弁会社を設立する。資本面では駿河台学園が8日付で同社株1033万3700株(発行済み株式数の6.6%)を取得する。 丸八倉庫 <9313>  19年11月期第2四半期累計(18年12月-19年5月)の連結経常利益は前年同期比89.5%増の3.6億円に拡大し、通期計画の6.5億円に対する進捗率は55.7%に達し、5年平均の46.6%も上回った。会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した6-11月期(下期)の連結経常利益は前年同期比22.4%減の2.8億円に減る計算になる。

7月5日の今買う大化け株

7月5日の今買う大化け株

メドレックス <4586>  帯状疱疹後の神経疼痛治療薬「MRX-5LBT」の貼付力評価試験を実施。先行指標品である「Lidoderm」と比べて優れた貼付力を持つことを確認。 乃村工芸社 <9716>  20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比4.4倍の26.5億円に急拡大して着地。主力のディスプレイ事業でテーマパークやホテル、オフィスなどの大型案件が増加し、42.3%の大幅増収を達成したことが寄与。上期計画の39.5億円に対する進捗率は67.3%に達しており、業績上振れが期待される。 ASIAN STAR<8946> 横浜を中心に投資用マンションの開発・販売を手掛けているが、中国系資本が筆頭株主となり中国でも展開を図っている。3日取引終了後に中国の不動産開発大手、上海地産グループ傘下の上海地産賃貸住宅建設と業務提携したことを発表。賃貸マンション開発の省エネ技術や中古マンションのリノベーション分野などで戦略的提携を行う計画でこれを材料視する買いが集中した。 アクトコール <6064> 3日大引け後、19年11月期上期(18年12月-19年5月)の連結経常損益を従来予想の1億6000万円の黒字→3億5900万円の黒字(前年同期は3800万円の赤字)に2.2倍上方修正し、7期ぶりに上期の最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。

7月4日の今買う大化け株

7月4日の今買う大化け株

オークワ <8217> 発行済み株式数(自社株を除く)の1.86%にあたる83万株(金額で9億2213万円)を上限に、7月4日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。筆頭株主の大桑会長が保有株の一部を売却する意向を示したことに対応する。​アスクル <2678>19年5月期の連結経常利益は前の期比12.1%増の44.1億円に伸びて着地。続く20年5月期も前期比94.7%増の86億円に拡大する見通しとなった。今期は配送無料となる注文金額の引き上げで個人向けネット通販サイト「ロハコ」の単価が上昇するうえ、物流コストの低減なども寄与し、採算が大きく改善する。併せて、今期の年間配当は前期比2円増の38円に増配する方針とした。 イメージ ワン <2667>19年9月期の最終損益(非連結)を従来予想の2億1500万円の赤字→4億3700万円の黒字(前期は800万円の黒字)に上方修正し、一転して黒字に浮上し、55倍増益を見込み、24期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した4-9月期(下期)の最終利益も従来予想の1億3700万円→7億8900万円(前年同期は4700万円)に5.8倍増額し、増益率が2.9倍→17倍に拡大する計算になる。 <5612> 日鋳鉄管前日に東京証券取引所では、6月の時価総額が東証1部から東証2部への指定替え基準に定める所要額以上となったため、指定替えにかかる猶予期間の指定から解除すると発表している。作業負荷を革新的に軽減する推力伝達バンドの「オセール」開発・商品化、川崎市の案件での採用決定などをきっかけに人気化しているなか、一段の買い安心感の高まりにつながっている。

7月3日の今買う大化け株

7月3日の今買う大化け株

日鋳鉄管<5612>前日に東京証券取引所では、6月の時価総額が東証1部から東証2部への指定替え基準に定める所要額以上となったため、指定替えにかかる猶予期間の指定から解除すると発表している。作業負荷を革新的に軽減する推力伝達バンドの「オセール」開発・商品化、川崎市の案件での採用決定などをきっかけに人気化しているなか、一段の買い安心感の高まりにつながっている。 ダイセキ <9793> 20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比19.4%増の28.1億円に伸び、3-8月期(上期)計画の51.4億円に対する進捗率は54.7%に達し、5年平均の51.0%も上回った。直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の18.9%→20.4%に上昇した。 <1712> ダイセキS前日に第1四半期決算を発表。営業利益は3.2億円で前年同期比18.7%増と2ケタ増益、上半期計画3.7億円、同37.6%減益に対する進捗率は87%の水準に達している。業績の大幅な上振れ期待などが先行する展開になっている。受注処理単価が上昇しているほか、稼働率が低かった一部リサイクルセンターも改善傾向になっているもよう。セグメント別では、廃石膏ボードリサイクル事業が大幅増収増益に。 <3826> SI 前日に上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の1.4億円から2億円、前年同期比27.3%減益に上方修正。大型開発案件の終了などで減益とはなるものの、主力の3事業ともに計画を上回る順調な推移が続き、第1四半期は計画を75%強上回る水準となっているようだ。また、大型開発案件が計画より前倒しでスタートしており、第2四半期も当初計画を上回る見通しとしている。

5月30日の今買う大化け株

5月30日の今買う大化け株

アスカネット <2438> 19年4月期の経常利益(非連結)を従来予想の8.1億円→8.7億円に7.6%上方修正。増益率が2.0%増→9.8%増に拡大し、従来の2期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。主力のパーソナルパブリッシングサービス事業でOEM供給が好調だったうえ、プロ写真家向けとコンシューマー向けの売上がともに堅調で売上が計画を上回ったことが利益を押し上げた。業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の10円→11円(前の期は10円)に増額修正した。 <5724> アサカ理研 中国共産党機関紙である環球時報の胡錫進総編集長が、米国に対するレアアース(希土類)の輸出規制について「中国は真剣に検討している」とツイッターに投稿したと複数のメディアが報じている。胡氏は「中国は今後、その他の報復措置も取る可能性がある」とも述べている。輸出規制が都市鉱山などからの貴金属リサイクルを手掛けるアサカ理研の利益拡大につながるとの思惑から、買いが広がったようだ。 <6675> サクサ 不適切な会計処理判明に伴って遅延していた決算発表を前日に行っている。19年3月期営業利益は18.8億円で前期比3.6倍となり、従来予想の15億円を上回る着地に。20年3月期も25億円で同33.0%増と大幅増益の見通しとしている。想定以上の業績好調にポジティブなサプライズが先行へ。なお、27日に発表しているが、不適切な会計処理に伴う業績への影響額は限定的となっていた。 KDDI(9433) 2019年3月期(5月15日発表)の業績は売上高+0.8%、営業利益+5.3%で増収増益に着地。好調だ。7月後半から、株価下落が目立つものの、まだ割安感もあることから、押し目買いをするには良い機会ではないだろうか。

5月28日の今買う大化け株

5月28日の今買う大化け株

ホープ<6195> 19年6月期の経常損益(非連結)を従来予想の1800万円の赤字→7200万円の黒字(予想レンジ中値)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなった。新規事業であるエネルギー事業の取引規模が想定より拡大することが寄与。行政マガジン「ジチタイワークス」の発行数増加やBtoGマーケティング支援など高収益サービスの展開に加え、生産性向上による固定費の減少なども上振れに貢献する。 <4381> ビープラッツ 光通信<9435>と合弁会社サブスコアを設立することで合意したと発表している。出資比率はビープラッツ51%、光通信49%で、事業開始日は6月3日。カスタマーサクセス(顧客が体験する価値)にフォーカスした新規サービスを立ち上げるため、両社の知見やノウハウを活用しながら事業拡大を図ることが目的。 北の達人コーポレーション<2930> 株価は5月の大型連休明け後に軟化していたが、目先75日移動平均線を足場に大きくリバウンドに転じてきた。同社は24日取引終了後、刺すヒアルロン酸化粧品「ヒアロディープパッチ」の累計販売数が約1000万枚の爆発的ヒットとなり、注文殺到で予約待ち人数が3万人超えとなっていることを開示、これが株価を強く刺激する材料となっている。 <2667> イメージワン 再生医療関連事業に参入し、医療コンサルティングのRMDCと業務提携契約を締結すると発表。細胞培養事業と化粧品原料事業を行う。RMDC代表取締役の宮川広之氏は再生医療関連事業に携わってきたという。また、RYUKYU ISGと独占販売権を持つ販売代理店契約を締結し、核医学検査の「医療被ばく線量」と医療画像の「画質」を最適化する医療被ばく線量管理システム「onti」の販売を開始する。

5月26日 目標株価を引き上げた銘柄

5月26日 目標株価を引き上げた銘柄

セーレン<3569> 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が23日付で、投資判断「バイ」を継続しつつ、目標株価を2460円から2610円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。同証券では、本革を代替するカーシート新素材「QUOLE」の成長ポテンシャルが高く、車輌資材事業を牽引役に持続的な収益拡大を予想。19年3月期は過去最高営業利益の更新が途切れたが、20年3月期からは過去最高営業利益の更新再開を見込んでいるという。 <2307> クロスキャット また、前日には決算説明会も開催されている。前日に発表した自社株買いの実施が買い材料とされている。発行済み株式数の9.4%に当たる77万株を、1018円で本日の寄り付き前に立会外取引で取得としている。短期的な需給妙味の高まりにはつながらないものの、高水準の自社株買いによって、一株当たりの株式価値が高まる形にはなっている。 <3099> 三越伊勢丹 2021年3月期に人件費を今期比100億円程度圧縮する計画との社長インタビューが伝わった。店舗改装などの費用増も一巡することで、連結営業益は今期比3割強増加の400億円台に乗る可能性があるともされている。これは市場予想も上回る水準。グループ従業員は3月末時点で2万4000人弱だが、定年退職などの自然減と採用の抑制で、来期の期初時点では1000人ほど人員が減る見通しのようだ。 アクリート <4395> イー・カムトゥルー、BCホールディングスと飲食店向け予約台帳システム及びSMS配信ツールの開発で業務提携。また、法人向けに3キャリア共通メッセージアプリ「+メッセージ」の公式アカウントの提供支援サービスを開始。

5月23日の今買う大化け候補銘柄

5月23日の今買う大化け候補銘柄

 大木ヘルスケアホールディングス <3417> 19年3月期の連結経常利益は前の期比5.2%減の31.2億円に減った。なお、20年3月期の業績見通しについては売上高(2662億円)以外は開示しなかった。同時に、従来未定としていた前期の期末一括配当を18円実施するとし、今期の年間配当は未定とした。直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比25.8%減の8.5億円に減り、売上営業利益率は前年同期の1.6%→0.9%に悪化した。 <6628> オンキヨー 連結子会社のオンキヨー&パイオニアなど3社の株式とその他の子会社の一部事業を米国の投資会社Viper Holdings Corporationに譲渡する契約を締結すると発表している。譲渡価額は0.75億ドル(約81.75億円)で、株式譲渡及び事業譲渡の実行日は7月1日の予定。譲渡契約締結で収益改善への期待から買いが集まったもよう。  PALTEK<7587> 同社は特定用途向け半導体を強みとする電子部品商社で、5G関連向けに需要旺盛なFPGAなどを取り扱っている。22日取引終了後、同社の子会社エクスプローラが総務省の5G総合実証試験に参加、4Kコーデックシステムを提供し、5Gを用いた高速移動体環境での4K映像伝送に成功したことを発表しており、これを材料視する買いが集中した。 さいか屋 <8254> 19年2月期の連結経常損益は1億5700万円の赤字(前の期は1億2400万円の赤字)に赤字幅が拡大したが、20年2月期は3000万円の黒字に浮上する見通しとなった。直近3ヵ月の実績である12-2月期(4Q)の連結経常損益は2400万円の赤字(前年同期は3800万円の赤字)に赤字幅が縮小し、売上営業損益率は前年同期の-0.2%→0.1%とほぼ横ばいだった。